家

新しい物件|健康住宅に住むことで健康を維持できる

住みよい地域の戸建て住宅

部屋

工業と農業とで発展

豊橋は、工業と農業とがさかんな地域として知られています。具体的には西部は、海を埋め立てることで造成された工業地帯となっていて、船や自動車などが作られています。また港もあるため、生産された自動車は、ここから船で海外諸国に輸出されています。逆に海外からも多くの自動車が届けられるので、自動車の輸出入台数に関しては、豊橋は全国一となっています。そして南部には田畑が、北部には丘陵地を利用した果樹園が広がっています。そのため豊橋は、機械と緑とが共存している地域ということで、関心を寄せられています。発展しているにも関わらず自然が多いので、住みよいことから豊橋では新築戸建て住宅が増えてきています。昨今では特に、公共施設の多い湾岸エリアでの新築がさかんにおこなわれています。

交通の便や国際交流

豊橋は、県内の中心都市と隣県とをつなぐ交通の要所としても、注目されています。新幹線も停車するので、それを利用すれば、県内の中心都市には20分強で、隣県には10分強で行くことができるのです。かつては宿場町として利用されていたほど人の行き来が活発な地域なので、豊橋には生活必需品などを購入できる商業施設が多くあります。そのことも、快適な生活を求めてこの地に戸建て住宅を新築する人が多い理由のひとつとなっているのです。また豊橋には、外国からの移住者が多いという特徴もあります。豊橋の人口のうち、約30人に1人が外国人となっているのです。そのため、国際的な文化交流を求めて豊橋で新築の戸建て住宅を購入するという人も、多くいます。